ここから本文です

窓を開けて窓埋めしましたね。しかし短期では重要なポイントですが、中長期でみると1500円前後までは底値の底値だと思います。

  • >>309

    さむ子の2Q決算と長期予報①

    ウエハーメーカーの2Q決算とさむ子の長期予報をまとめてみました。
    ①ウエハーの需給とさむ子の業績予想
     細かな説明は後にして、さむ子の2Q決算説明会資料を見ると、300㎜ウエハーの世界生産能力は2018年が630万枚/月程度で稼働率は100%、2020年は700万枚/月で、想定稼働率は94%なので、単純に掛け合わせると700万枚×0.94=660万枚で、これにウエハーの値上げ分が上乗せされるで、2020年業績は2018年を越えてくるのは確実ということになります。その先の話はまだ分かりませんが、2021年の供給力はグリーンフィールドでの生産が始まり720万枚/月程度で、想定稼働率は99%と予想しています。さむ子の世界シェアは約3割です。

    ②長期契約比率で決まった2Q決算
    ウエハーメーカーの2Q決算を売上高で見ると、信越半導体(1-6月期)は前年同期比で12%増加、GWCも同7%増。これに対してシルトロニックは同▲3%減、さむ子連結▲2%減、台湾SUMCO(FST)は同▲18%減となりました。2Qではまだ、ウエハー需要が底入れしなかったために、長期契約による出荷がスポット需要の減少につながり、結果、台湾SUMCOなどスポット中心のウエハーメーカーが直撃されました。
    ⇒現時点では、スポット中心のFSTの業績はDRAMなどのメモリーと同じようにウエハー市況の先行指標になりえます。つまりFSTの底打ち、すなわちはウエハーの底打ちということになります。

    ③長期契約単価の上昇が売上高に上乗せ
    さむ子は2Q決算で、300㎜ウエハーの単価は2018年末比5%上昇(つまり2016年末比で50%程度上昇したと説明。これが、ウエハーの売上高を押し上げました。また、グリーンフィールドでの増産に必要な75%UPの価格には及びませんが、着実に値上げ交渉が進展しています。同時に、2021年に予想されるグリーンフィールドでの増産は、ウエハーの需給調整と併せて、少しずれ込む可能性がありえます。