ここから本文です

半導体需要は減速しており、米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)(TXN.O) は、業界の低迷があと2年続くと予想している。

アプライド・マテリアルズのダニエル・ダーン最高財務責任者(CFO)は、半導体市場は年内は横ばい状態が続くとの見通しを示した。

一方、米中貿易摩擦に関しては、対策を講じており業績への影響は限定的だとの見方を示した。


ロイターより参考までに。