ここから本文です
255

ゆきんこ 強く売りたい 1月22日 19:16

[アムステルダム 22日 ロイター] - オランダの半導体製造装置メーカー、ASML< ASML.AS>が発表した2019年第4・四半期決算は増収増益でアナリスト予想とほぼ一致した。同社は2020年の売上高と利益が2桁の伸びを達成すると予想した。
第4・四半期の純利益は11億3000万ユーロ(12億5000万ドル)で、前年 同期の7億8800万ユーロから増加。売上高も31億4000万ユーロから40億4000万ユーロに増えた。
リフィニティブが集計したアナリスト予想は純利益が11億2000万ユーロ、売上高は39億2000万ユーロだった。
ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は声明で、2020年について売上高、利益ともに「2桁」成長を予想。
スマートフォンや5G通信網など向けのロジックチップ市場は活況が続くとの見方を示し「メモリー市場で、われわれの顧客は回復の最初の兆しを見始めている」と述べた。
ASMLは第1・四半期の売上高を31億─33億ユーロと予想した。また22年にかけて新たに60億ユーロ規模の自社株買いを行うと明らかにした。同社は19年末までに25億ユーロ相当の自社株を買い戻す計画だったが、16億ユーロ分しか買い戻せなかった。


ロイターより


明日はぶっ飛ぶかな?