ここから本文です

>>991

近い銘柄とのPERを比較してみました。

1414 ショーボンド PER 28.52

1871 ピーエス三菱 PER 32.96

3431 宮地エンジニアリング PER 27.22

3443 川田テクノロジーズ PER 33.68


そして、3423 エスイーはこれだけの材料が控えているにも関わらず、まだPER 16.32です!

まだまだ割安です!

  • >>992

    見られている数値は、恐らく自己株式の数を含んだ発行済株式総数でEPSおよびPERを計算しているのだと思います。

    正しくは自己株式を控除して計算する必要があるので、それだと以下のような計算になります。

    ショーボンド
    四季報予想EPS  167.2円
    四季報予想PER   26.4倍

    エスイー
    四季報予想EPS  64.9円
    四季報予想PER  15.6倍

    エスイーが仮にショーボンドと同じPERまで買われたとすると、株価は1,713円(=64.9円×26.4倍)になります。

    会社の規模や株式の流動性はショーボンドの方が上ですが、会社の成長性はESCONという大材料を持っているエスイーの方が遥かに上です。

    成長性を考えると、ショーボンドよりも高いPERがついてもおかしくないと思います。したがって、1,713円以上の株価も十分にあり得るかと。

    ちなみに、明日ストップ高になると株価は1,314円ですが、それでも四季報予想PERは20.2倍に過ぎません。

    まだまだ割安だと思います。

    p.s. エスイーの会社予想EPSはかなり保守的なので、四季報予想EPSを使う方がよいと思います。

    ※リスクについても十分に検討の上、投資はご自身の責任と判断でお願いします。