ここから本文です

>>988

四季報のパブリッシャーである東洋経済新報社は、東京・日本橋の本社以外に、
大阪や名古屋など全国数か所の拠点があり、そこに記者が常駐して銘柄を分担して取材し、
四季報の記述しています。

日経のように新聞取材のついでに発行しているのではなく、基本的に四季報のための取材に事実上専念。

なので、熱意があって優れた記者が担当している場合には、
独自の判断による業績見通しやコメントが良い情報源になりますよ。

もちろん、熱意のない記者による会社予想に一律3%上乗せなどという事例もあるとのうわさもあるので、
全てを鵜呑みにしてよいわけではありませんが…

丸順についての四季報予想は、会社予想への一律上乗せではないので、取材に基づく緻密で独自の判断と思います。

慌てずにじっくりと構えて、期待して参りましょう!