ここから本文です

炭素繊維のシェアは奪われないかもしれないが、最新鋭の工場、研究所は韓国に奪われてしまうかもしれない。