IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>102

>「Sleep Concierge」について
「Sleep Concierge」は、睡眠サービスのプラットフォームとして、睡眠ログの管理や評価、改善のためのアドバイス、情報提供などのサービスを行うもので、主な特長は次のとおりです。
(1)睡眠状態を可視化
「MATOUS SS」は、ウオッチ型デバイスのように身体に装着することなく、寝具の下に設置して就寝するだけで体動情報やバイタルサインの計測が可能です。入眠から起床までの睡眠時間管理や、睡眠の深さ、中途覚醒、寝返りなどの睡眠の質の判定を行い、心拍数や呼吸数といったバイタルサインとともにアプリ上で
グラフ化・スコア化し、データを解析した上で専門家が監修したアドバイスを
受けることができます。
(2)日報・月報で確認が可能
データ解析により毎日の睡眠状態を評価するとともに、それらを月単位で時系列
表示します。利用者一人ひとりの睡眠習慣をグラフ化し、データに基づくアドバイスを行うことにより、利用者が気づかない課題を見える化し、改善のポイントを確認することができます。

このサービスは利用者本人よりも
在宅介護を強いられる介護者への
利用価値が高く、需要は大きいと
思います。
要介護者の見守り利用で介護者の
負担を軽減!
在宅酸素のネットワークと営業力で
爆発的ヒットの予感で~す💕

>日本では現在、65歳以上の老年人口が全人口の25%を超え、国民の4人に1人が高齢者です。厚生労働省の『介護保険事業状況報告書』によると、全国の要支援・要介護者数は2017年時点で約636万人となり、10年前の2007年から約200万人も増えている。2020年7月