IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>815

    815
    aka*****2月10日 14:55
    > この内容はこのスレッドにどんな関係がありますか? 一般論なら違うスレッドにお願いします。

    「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、陶酔の中で消えていく」
    という相場格言があります。 これは米著名投資家ジョン・テンプルトンの言葉で、株式市場について、多くの市場参加者が悲観的になっている時が買い場であり、逆に楽観的になっている時が売り場である、ということを意味しています。


    日経平均は2万9000円台を超え、世界的な株高となっております。
    それはは中央銀行による未曽有の金融緩和によって創出された過剰流動性によってバブル容認により絶好調な株式市場になっております。

    この絶好調なマーケットに変調が訪れるのはtaperingテーパリング金融緩和が終わる時と多くの投資家が考えていることです。

    コロナが蔓延しているときにはテーパリングをしないと思われますので、コロナの感染状況と、財政政策のパッケージでどのようなものが出るのかは、大事な情報です。