ここから本文です

日本航空は欧州のエアバス製大型旅客機「A350」を購入するための本格的な検討に入った。2017年以降に20機程度導入し、現行の大型機ボーイング777型機の後継機として欧米路線に就航させる計画だ。今月末に主要機すべてがボーイング製となる日航はコストやリスク低減の観点から機材調達先の分散化を進めるのが課題になっていた。

こういうニュースの裏には、787のバッテリー問題があるのでしょうね。一般人が想像する以上に大きな影を落としているのかもしれません。