ここから本文です

[個別銘柄ショートスナップ]
*08:49JST <3386.T> コスモ・バイオ 1065 0
コスモ・バイオ<3386>は、世界の大学・公的研究機関・検査機関・企業・病院などの 研究室・検査室で使用される、ライフサイエンスに関する研究用試薬・機器・消耗品 及び臨床検査薬を仕入れ、販売代理店経由で販売している。研究者と仕入先を結び、 世界のライフサイエンス研究の進歩・発展に貢献するバイオ専門商社である。

グローバルネットワーク、メーカー機能、業界最大級の品ぞろえなどを強みとして、 最先端・高品質の製品や最新の技術情報でライフサイエンス研究者にサービスを提供 している。仕入面は全世界に約600社(うち海外が400社以上)のグローバルネットワ ークを構築し、販売面は国内で全国をカバーする約200拠点の販売代理店網を構築して いる。

細胞製造やペプチド合成などのメーカー機能を持ち、自社ブランド製品を含めて、多 様な顧客ニーズに対応する業界最大級の約1,500万品目の豊富な品ぞろえで、多種多様 な製品・技術情報・サービスをワンストップで提供している。

収益は、仕入の6~7割が輸入品のため、仕入原価が為替変動の影響を受けやすい。またエンドユーザーである大学・公的機関の研究費や企業の研究開発費など、ライフサイエンス研究関連費用の支出動向の影響を受けやすい。このため国の年度末及び多くの企業の決算期末に当たる第1四半期(1月-3月)の構成比が高く、新年度に当たる第2四半期(4月-6月)の構成比が低い特性があり、年間営業利益のおおむね8~9割を第1四半期で稼ぎ出す形である。