IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
21

tuy***** 強く買いたい 8月13日 20:08

セブン、人事評価で脱「売上至上」 店舗支援3300人

セブンは人事制度を見直し、オーナー支援など40項目の業務プロセスを重視する
コンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンは売上高で評価していた人事制度を見直す。オーナー支援など40項目の業務プロセスを重視する。本部主導の画一的な店舗戦略を改め、地域特性に合う店づくりを促す。成長が鈍化するコンビニ業界でのセブンの取り組みは、他の小売りにも影響を与えそうだ。

評価制度の抜本的な変更は1973年の創業以来初めて。店舗経営にかかわる本部社員約3300人が対象で、今冬の賞与から反映する。2019年に24時間営業を巡り一部オーナーと関係が悪化したことを受け、オーナーとの連携を重視する狙いもある。

コンビニはフランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナーが売り上げの計画を立て、本部社員は達成をサポートする役割を担う。これまで出店地区を統括する約300人の責任者(エリアマネジャー)は担当地区の売上高や利益目標を達成できるかが人事評価の7割を占めていたが、これを3割に引き下げる。

その一方でオーナーへの経営助言や個別店の商圏の特性、売れ筋商品の理解度といった業務プロセスを7割に高め、オーナーとの協力関係を重視する。

エリアマネジャーより広域を担当するゾーンマネジャーが評価する。ゾーンマネージャーを本社の幹部が評価し、現場の情報を的確に本部にフィードバックするなど会社全体への貢献度もみる。

オーナーの経営相談を受ける約3千人の店舗経営相談員も人事評価を変える。プロセス関連の割合を6割から8割に引き上げる。担当店舗の売り上げといった業績評価は2割に縮小する。評価者はマネジャーなどだ。

19年末の大手コンビニ7社の店舗数は5万5620店と、日本フランチャイズチェーン協会が統計を取り始めた05年から初めて減少に転じた。セブンも2万10000店弱で頭打ちだ。人口減少や過密出店で過当競争に陥りつつあり、大量出店の戦略は見直しを迫られている。

コロナ禍で在宅勤務が広がり、オフィス街でおにぎりやコーヒーの販売が落ちた一方、住宅地では調味料などの販売が伸びている。各店舗は画一的な店づくりから脱却し、多様化する消費者の需要に対応した品ぞろえが求められている。コンビニ本部は加盟店オーナーと緊密な協議や連携が重要となっている。

国内の立て直し、見ものですね

  • >>21


    >セブン、人事評価で脱「売上至上」 店舗支援3300人
    >
    >セブンは人事制度を見直し、オーナー支援など40項目の業務プロセスを重視する
    >コンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンは売上高で評価していた人事制度を見直す。オーナー支援など40項目の業務プロセスを重視する。本部主導の画一的な店舗戦略を改め、地域特性に合う店づくりを促す。成長が鈍化するコンビニ業界でのセブンの取り組みは、他の小売りにも影響を与えそうだ。
    >
    >評価制度の抜本的な変更は1973年の創業以来初めて。店舗経営にかかわる本部社員約3300人が対象で、今冬の賞与から反映する。2019年に24時間営業を巡り一部オーナーと関係が悪化したことを受け、オーナーとの連携を重視する狙いもある。
    >
    >コンビニはフランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナーが売り上げの計画を立て、本部社員は達成をサポートする役割を担う。これまで出店地区を統括する約300人の責任者(エリアマネジャー)は担当地区の売上高や利益目標を達成できるかが人事評価の7割を占めていたが、これを3割に引き下げる。
    >
    >その一方でオーナーへの経営助言や個別店の商圏の特性、売れ筋商品の理解度といった業務プロセスを7割に高め、オーナーとの協力関係を重視する。
    >
    >エリアマネジャーより広域を担当するゾーンマネジャーが評価する。ゾーンマネージャーを本社の幹部が評価し、現場の情報を的確に本部にフィードバックするなど会社全体への貢献度もみる。
    >
    >オーナーの経営相談を受ける約3千人の店舗経営相談員も人事評価を変える。プロセス関連の割合を6割から8割に引き上げる。担当店舗の売り上げといった業績評価は2割に縮小する。評価者はマネジャーなどだ。
    >
    >19年末の大手コンビニ7社の店舗数は5万5620店と、日本フランチャイズチェーン協会が統計を取り始めた05年から初めて減少に転じた。セブンも2万10000店弱で頭打ちだ。人口減少や過密出店で過当競争に陥りつつあり、大量出店の戦略は見直しを迫られている。
    >
    >コロナ禍で在宅勤務が広がり、オフィス街でおにぎりやコーヒーの販売が落ちた一方、住宅地では調味料などの販売が伸びている。各店舗は画一的な店づくりから脱却し、多様化する消費者の需要に対応した品ぞろえが求められている。コンビニ本部は加盟店オーナーと緊密な協議や連携が重要となっている。

    業界トップとして変わろうとしてる
    色々言われてるけど絶対この会社は伸びる