ここから本文です

ローソンやファミマは三菱商事や伊藤忠商事の卸売りの受け皿として存在すれば良く、コンビニ事業単体の儲けは無理して出す必要も無い。
セブン&アイの中核事業として屋台骨を支えるセブンイレブンはローソンやファミマとは立ち位置が異なる。
外野がどんなに騒ごうと、ローソンやファミマに追随して収益を減らすような愚策は絶対に取ってはいけない。