ここから本文です

公正取引委員会がいう「赤字」は当然、深夜時間帯の営業部分のみの赤字を指していると考えられます。 もし全時間帯を通じた収支が赤字になったら、個人事業主であるオーナーは生計が成り立ちませんから(苦笑)。 法人組織にしている場合で代表取締役であるオーナーの報酬を差し引いた後に法人の収支が赤字になるのとは、訳が違うでしょう・・・。 ハッハッハッ