ここから本文です

着々と法整備やで。売る理由あらへんがな。


政府・各党の取組 与党 12月1日、依存症対策法案を衆院へ再提出 早期成立目指す


12月1日、与党(自民、公明両党)は、ギャンブル等依存症対策基本法案を衆議院に再提出。
なお、11月30日、日本維新の会は、参議院にギャンブル等依存症対策基本法案を再提出した。
与党は、日本維新の会、各党に協力を呼び掛け、早期成立を目指す。

10月21日、自民、公明両党の作業チームは、ギャンブル等依存症対策基本法案の今特別国会での再提出、早期成立を目指す方針を確認。それに先立ち、20日には、自民党の二階幹事長は、今特別国会における、法案成立に意欲を示した。

与党は、IR実施法案の国会提出に先立ち、ギャンブル等依存症対策基本法案を成立させる考え。今特別国会でギャンブル等依存症対策基本法案が成立すれば、IR実施法案は次期通常国会で提出、審議の運びとなる見通し。

今後、政府は、IR実施法案を策定し、与党の法案審査などを経て、国会に提出する方向。早ければ、年内の臨時国会に提出される可能性がある。
IR実施法案は、ギャンブル等依存症対策基本法案(議員立法)の成立後、国会で審議される見通し。