ここから本文です

知事選、苫小牧市議選後に開設というのも

IRほぼ確定なのであろう。

決め手は、ハードロックカフェ苫小牧一本である。


ハードロック・ジャパン 苫小牧支店開設のお知らせ

日本でのIR事業の区域整備計画の認定を目指し、北海道および苫小牧市における活動をさらに強化すべく、北海道エリアの拠点となる「ハードロック・ジャパン 苫小牧支店」を北海道苫小牧市に2019年4月24日(水)付けで一般向けに開設することをお知らせします。

ハードロック社は、IR開発に先駆けて過去数年間に渡り、北海道をはじめ日本の皆様にハードロック・エクスペリエンスを体験いただける機会の提供と地域への貢献に努めてまいりました。このたび、苫小牧支店の開設により、苫小牧および北海道エリアでの活動をさらに拡充させていくべくより一層努めてまいります。また、IR情報センターとして一般向けに開設することにより、ハードロック社やIR計画に関して詳しく知りたい方は、気軽にお立ち寄りいただくことができます。

  • >>401

    当然、錚々たるメンバーの中に

    フジタコの藤田会長も出席である。

    【エドワード・トレーシー最高経営責任者、アド・マチダ社長、地元からは岩倉博文市長、北海道IR株式会社の藤田博章社長】

    ハードロック・ジャパン 苫小牧市内にオフィス開設。海外IR3社目~激戦区に

    ・4月24日、ハードロック・ジャパンは、苫小牧市内に支店をオープン
    ・支店オフィスの延べ床面積は、約160㎡
    ・ショールーム機能を有し、苫小牧IR構想のミニチュア模型、アイヌアート作品などを展示
    ・常駐社員1人。最大3人までの増員、地元採用を検討
    ・23日のプレイベントには、同社のエドワード・トレーシー最高経営責任者、アド・マチダ社長、地元からは岩倉博文市長、北海道IR株式会社の藤田博章社長、地元経済界などから50人以上が出席
    ・苫小牧市内への事務所開設は、2018年1月のクレアベストニームベンチャーズ社、2018年12月にラッシュ・ストリート・ジャパンに続く3社目