ここから本文です
現在位置:
(株)タイセイ - 株価チャート

423

-13(-2.98%)
  • 前日終値
    436(02/20)
  • 始値
    431(09:00)
  • 高値
    442(09:15)
  • 安値
    419(14:52)
  • 様子見
  • 466(最新)

    hap***** 2月23日 08:27

    下記は抜粋記事です。

    ■cotta プライバシーポリシー
    ttps://www.cotta.jp/guide/privacy.php
    第1章 理念
    1. 個人情報保護方針について
    当社の事業活動で良い成果を出すことによって、お客様を始め、株主や投資家の皆様を含んだステークホルダーの皆様の期待にお応えすることができると考えております。

    >当社の事業活動で良い成果を出すことによって・・・

    ↓cottaの「景品表示法違反行為」に対しての説明責任を果たして欲しいですね。

    ■タイセイからの私に対する仮処分の申立て(名誉権の侵害)が棄却されました。

    ■東京地方裁判所は、私が投稿した「タイセイの子会社TUKURUが運営するcottaでの景品表示法違反行為」に関するある書き込みに対して「公益目的がある」ということを認めてくれました。

    『(株)タイセイ(証券コード3359)の子会社(株)TUKURUが運営するECサイトのcotta(コッタ)が、消費者庁が禁止している景品表示法に違反する販売方法の「有利誤認表示」や「不当な二重価格表示」や「おとり広告」や「原産国の不当表示」等で商品を売っていた。』に関する私のある投稿に対してタイセイが裁判所に仮処分の申立て(名誉権の侵害)をしてきましたが、その私の書き込み対して裁判所は名誉権の侵害(民事上の名誉毀損)にあたらないとしてタイセイの仮処分の申立を棄却(裁判所が受理した訴訟について審理の結果、その理由がないとして請求などをしりぞけること。)されています。

  • >>464

    ■景品表示法で義務付けられた「表示等を適正に管理するために 必要な措置を講じることについて」②
    景品表示法において、事業者が景品類の提供又は表示により不当に顧客を誘引し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害することのないよう、景品類の提供及び表示に関する事項を適正に管理するために必要な体制の整備その他の必要な措置を講じることが義務付けられました。 「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針(平成 26 年 11 月 14 日内閣府告示第 276 号)」 が策定され、平成26年 12 月1日から施行されました。

    №464に続く。

    3359 - (株)タイセイ ■景品表示法で義務付けられた「表示等を適正に管理するために 必要な措置を講じることについて」②  景

  • ■景品表示法で義務付けられた「表示等を適正に管理するために 必要な措置を講じることについて」①

    3359 - (株)タイセイ ■景品表示法で義務付けられた「表示等を適正に管理するために 必要な措置を講じることについて」①

  • ■大分県ホームページ - 消費者団体訴訟制度について
    ttp://www.pref.oita.jp/soshiki/13040/shouhishadantai20160926.html
    ・消費者団体訴訟制度とは
    消費者団体訴訟制度は、直接の被害者ではない消費者団体が、消費者にかわって事業者に対して訴訟等をすることができる制度のことを言います。

    消費者被害では、1件の被害額が小さかったり、事業者との情報量や交渉力の格差が大きく、個別に訴訟を起こすことが難しい場合などが少なくないため、消費者の直接対応では、被害を未然に防いだり、被害の拡大を防いだりするのに限界があります。

    そこで、内閣総理大臣が認定した消費者団体に、事業者の不当行為の差止め(差止め請求)や、被害の集団的な回復(被害回復)を求めることができる特別な権限を付与したものです。

    ・差止め請求できる消費者団体とは
    差止め請求ができる団体は、消費者全体の利益擁護のために差止請求権を適切に行使することができる適格性を備えた消費者団体として、内閣総理大臣が認定した「適格消費者団体」だけです。

    ・差止め請求の内容
    適格消費者団体は、強引な勧誘や不当な契約、誤った内容の表示など、「消費者契約法」、「特定商取引法」、「景品表示法」を守らない事業者の不当な行為について、差止め請求できます。

    ・被害回復できる消費者団体とは
    被害回復ができる団体は、上記差止め請求のできる団体のうち、新たな要件を満たす団体として、内閣総理大臣が認定した「特定適格消費者団体」だけです。

  • >>459

    ■景表法について 麹町の弁護士による企業法律相談
    ttp://www.n-law.or.jp/page-98/page-958/
    ・景表法とは
    皆様「景表法」という法律を耳にしたことがあるかと思いますが、この法律は、消費者の方々にとっては、日々の消費生活に関係の深い法律であり、また、事業者の方々にとっては、販売活動にあたって遵守しなければならない重要な法律です。

    正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」で、その名のとおり、商品やサービスについての、不当な景品類や表示を防止するための法律です。

    事業者の方々が商品やサービスを売るためには、そのためのいわばアピールをしなければなりませんが、これが行き過ぎると、消費者が正しい選択をできず、期待はずれの質の悪い商品やサービスを手にしてしまい、不利益を被ります。

    そこで、景表法は、不当に顧客が誘因されることを防ぐために、過大な景品類の提供や、うそやおおげさな表示を、禁止しています。

    なお、近時の法改正により、事業者に管理体制が求められようになったり、また、違反した場合の課徴金制度も導入されました。これらの点にも、注意しなければなりません。

    ・不当表示とは
    禁止される不当表示として、まず、優良誤認表示と有利誤認表示が挙げられます。

    優良誤認表示は、商品・サービスの品質(原材料や性能など)、規格(国や団体などの要件を満たすことにより表示できる等級など)その他の内容(製造方法など)について、事実に反して競業事業者のものよりも著しく優良と誤認される表示です。

    他方、有利誤認表示とは、取引条件を著しく有利にみせかける表示です。価額を著しく安くみせかけることなどが、これに該当します。

    そのほか、一般消費者に誤認されるおそれがあるとして内閣総理大臣が指定する表示が禁止され、現在、以下の6つの告示が定められています。

    №459に続く。

  • ①無果汁の清涼飲料水等についての表示

    ②商品の原産国に関する不当な表示

    ③消費者信用の融資費用に関する不当な表示

    ④不動産のおとり広告に関する表示

    ⑤おとり広告に関する表示

    ⑥有料老人ホームに関する不当な表示

    ・事業者の講ずべき管理上の措置
    景表法は平成26年6月に改正され、同年12月から、事業者は、景品類の提供に関する事項や表示に関する事項を適正に管理するために必要な体制の整備その他の措置を講じなければならないこととされました。

    これに関しては
    「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針」
    が定められ、具体的な事例が例示されています。ポイントは、
    ①景品表示法の考え方の周知・啓発、
    ②法令遵守の方針等の明確化、
    ③表示等に関する情報の確認、
    ④表示等に関する情報の共有、
    ⑤表示等を管理するための担当者等を定めること、
    ⑥表示等の根拠となる情報を事後的に確認するために必要な措置を採ること、
    ⑦不当な表示等が明らかになった場合における迅速かつ適切な対応、です。

    ・景表法に違反した場合
    景品表示法に違反する行為が行われている疑いがある場合、消費者庁は、調査を実施します。関連資料の収集、事業者への事情聴取などです。消費者庁は、調査の結果、違反行為が認められると、違反行為の差止めなど必要に応じた「措置命令」を行います。

    また、平成26年11月に改正があり、平成28年4月から、課徴金納付命令制度が導入されました。これは、優良誤認表示や有利誤認表示を対象として、課徴金を賦課する制度です。賦課金額は、対象商品・役務の売上額に3%で、対象期間は3年間が上限となります。

    いずれの手続きにおいても、事業者に弁明の機会が付与されます。

    なお、優良誤認に該当するかどうかを判断するために消費者庁長官が表示の裏付けとなる資料の提出を求めたのに、事業者から一定の期間内に当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出がない場合には、当該表示が不当表示とみなされたり、推定されてしまいます。

    ちなみに、消費者庁は景品表示法に基づく法的措置件数の推移を公表していますが、これによると、例えば、平成29年度は、措置命令50件、課徴金納付命令19件、また、平成30年は、措置命令46件、課徴金納付命令20件です。

  • >>418

    >418
    >■(株)タイセイの子会社の(株)TUKURUが運営するcottaのいい加減な原産国の表示
    『Amazonで販売されている「cotta 琺瑯 コーヒーポット ホワイト 87620(ASIN:B07BDNC2HX) (cottaが販売と発送をする)」の製造国は日本なのになぜか中国製(不当表示)』

    ↓(株)プラスワンが、消費者庁が禁止している景品表示法違反行為の不当表示の「優良誤認表示」で消費者庁から措置命令を下される。

    下記は抜粋記事です。

    ■消費者庁 株式会社プラスワンに対する景品表示法に基づく措置命令について
    ttps://www.caa.go.jp/notice/entry/017237/
    公表日 2019年10月16日
    消費者庁は、本日、株式会社プラスワンに対し、同社が供給する鶏の「もも」と称する部位を使用した唐揚げ及び当該唐揚げを含む商品に係る表示について、消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所)の調査の結果を踏まえ、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令を行いました。

    ■プラスワン、からあげ専門店の国産表示に景表法措置命令。店舗看板と軒先テントが対象(消費者庁:2019年10月16日) 広告法務ブログ 消費生活アドバイザーによる広告コンプライアンス情報
    ttps://compliance-ad.jp/complianceblog/against/3568/
    消費者庁は10月16日、神戸市の鶏の唐揚げ等の製造販売業(株)プラスワンに対し、自社の運営店舗「からあげ専門店こがね」にて販売していた唐揚げと唐揚げを含む商品の表示について、景品表示法の措置命令を行いました。

    同社は製造販売していた「鶏もも肉」を使用した唐揚げについて、あたかも国産の鶏もも肉を使用しているかのように表示をしていましたが、実際はブラジル産鶏モモ肉をしており、優良誤認表示とみなされました。

    今回の違反表示媒体は、店舗の看板と軒先テントが対象となっています。 消費者庁及び公正取引委員会事務総局近畿中国四国事務所の調査による事案です。

  • >>451

    【重要な注意喚起とお願い】

    (株)タイセイ(証券コード3359)のステークホルダーの皆さん、Googleで「株式会社タイセイ 景品表示法に関するポリシー」や「株式会社タイセイ 景品表示法」や「株式会社タイセイ ポリシー」で検索してみたのですが、タイセイと景品表示法に関する事柄の記載は現時点では全くヒットしませんでした。

    私のGoogleでの検索による見落としがあるかもしれませんので、タイセイのステークホルダーの皆さんの中に、 (株)タイセイや(株)TUKURUやECサイトのcottaのWebサイト上に景品表示法に関する事柄が記載されているのを 知っている人がいましたら私に教えてください。よろしくお願いします。

  • >>441

    ■タイセイからの私に対する仮処分の申立て(名誉権の侵害)が棄却されました⑦

    ■東京地方裁判所は、私が投稿した「タイセイの子会社TUKURUが運営するcottaでの景品表示法違反行為」に関するある書き込みに対して「公益目的がある」ということを認めてくれました。

    『(株)タイセイ(証券コード3359)の子会社TUKURUが運営するECサイトのcotta(コッタ)が、消費者庁が禁止している景品表示法に違反する販売方法の「有利誤認表示」や「不当な二重価格表示」や「おとり広告」や「原産国の不当表示」等で商品を売っていた。』に関する私のある投稿に対してタイセイが裁判所に仮処分の申立て(名誉権の侵害)をしてきましたが、その私の書き込み対して裁判所は名誉権の侵害(民事上の名誉毀損)にあたらないとしてタイセイの仮処分の申立を棄却(裁判所が受理した訴訟について審理の結果、その理由がないとして請求などをしりぞけること。)されています。

    >441
    >「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の措置についての指針」
    >事業者は、その規模や業態、取り扱う商品又は役務の内容等に応じ、
    >必要かつ適切な範囲で次に示す7つの事項(下記の①~⑦)に
    >沿うような具体的な措置を講ずるべきとされています。

    >上記の「事業者が講ずべき景品類の提供及び表示の管理上の
    >措置についての指針」と「7つの事項」に関する具体的な事柄が、
    >下記の株式会社東京企画販売の「景品表示法に関するポリシー」です。

    Googleで「株式会社タイセイ 景品表示法に関するポリシー」で検索するもヒットせず(現時点)。

    Googleで「株式会社タイセイ 景品表示法」で検索するもヒットせず(現時点)。

    Googleで「株式会社タイセイ ポリシー」で検索すると「IRお問い合わせ|株式会社タイセイ」がヒットする(現時点)。

  • >>400

    >400
    >『cottaで販売されている「Cuisinart スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ(商品コード:086255)」は、景品表示法違反の二重価格表示による不当表示に該当する。』
    >(株)タイセイの子会社の(株)TUKURUが運営するcottaで販売されている「Cuisinart スマートパワーハンドミキサー HM-050SJ(商品コード:086255)」のメーカー発売日は2015年10月01日で、現在「HM-050SJ」の後継機「HM-060SJ(メーカー発売日 2017年11月上旬発売 )」が販売されているため「HM-050SJ」は旧型(型おくれ)の商品になりますが、cottaを運営する(株)TUKURUはその旨を「HM-050SJ」のページに明示せずに二重価格表示をしているので不当表示になります。

    ↓(株)ブルースター、消費者庁が禁止している景品表示法違反行為の不当表示の「有利誤認表示」で消費者庁から措置命令を下される。

    下記は抜粋記事です。

    ■消費者庁 株式会社ブルースターに対する景品表示法に基づく措置命令について
    ttps://www.caa.go.jp/notice/entry/016132/
    公表日2019年08月07日
    消費者庁は、本日、株式会社ブルースターに対し、同社が供給するクリーニングサービスに係る表示について、消費者庁及び公正取引委員会(公正取引委員会事務総局東北事務所)の調査の結果を踏まえ、景品表示法に違反する行為(同法第5条第2号(有利誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令を行いました。

    ■割引セールの「通常価格」表示に注意!(株)ブルースターのクリーニングセールチラシに景表法措置命令(消費者庁:2019年8月7日) 広告法務ブログ 消費生活アドバイザーによる広告コンプライアンス情報
    ttps://compliance-ad.jp/complianceblog/against/3438/
    消費者庁は8月7日に、盛岡市のクリーニング業(株)ブルースターのクリーニングサービスのセール企画に関する表示に対し、景品表示法の措置命令を行いました。

    販売実績のない比較対象価格による有利誤認表示とみなされました。

    消費者庁及び公正取引委員会事務総局東北事務所の調査による事案です。

  • >>369

    >369
    >現在、(株)タイセイ(証券コード3359)の子会社(株)TUKURUが運営するB2C向けECサイトのcotta(コッタ)で販売している「cotta 北海道産強力粉 春よ恋100% 2.5kg TS(商品コード:727501)」は、在庫切れで購入することが出来ないにもかかわらず、cottaのトップページに文字や写真等で表示(広告)をしているため、消費者庁が禁止している景品表示法違反の「おとり広告(不当な表示)」に該当する(現時点)。

    ↓(株)ダッドウェイが、消費者庁が禁止している景品表示法違反行為の不当表示の「優良誤認表示」で消費者庁から措置命令を下される。

    下記は抜粋記事です。

    ■消費者庁 株式会社ダッドウェイに対する景品表示法に基づく措置命令について
    ttps://www.caa.go.jp/notice/entry/018319/
    2019年12月20日
    消費者庁は、本日、株式会社ダッドウェイに対し、同社が供給する「ADAPT(アダプト)」、「OMNI360(オムニスリーシックスティ)」、「ORIGINAL(オリジナル)」及び「360(スリーシックスティ)」と称する各抱っこひもに係る表示について、それぞれ、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づき、措置命令を行いました。

    ■DADWAY((株)ダッドウェイ) 新着情報 重要なお知らせ
    ttps://www.dadway.com/news/info/
    2020年02月18日
    エルゴベビー商品の当社ホームページ、店頭表示物などに関するお詫びとお知らせ

    お客様各位

    平素より格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。

    このたび消費者庁より当社ホームページ、店頭表示物への記載内容について、実際より著しく優良であると示すものであり、不当景品類及び不当表示防止法に該当する不当な表示を行っているとして、表示の取りやめ並びに再発防止等を求める措置命令を受けました。

    当社は、このようなことを二度と起こさないよう、表示管理体制の再構築を実行するとともに、これからも消費者の皆さまから信頼され、ご愛顧いただけるよう努めてまいる所存でございます。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

読み込みエラーが発生しました

再読み込み