ここから本文です


中国北京市当局、総額550億ドルのプロジェクト入札で外資を呼び込む方針=新聞 印刷




[上海 5日 ロイター] - 中国の北京市発展改革委員会は、事業規模の総額が3380億元(550億ドル)に及ぶ126件の都市インフラプロジェクト入札をめぐり、外資を呼び込む方針だ。中国の英字紙チャイナ・デーリーが5日に伝えた。

プロジェクトには、鉄道輸送、道路、鉄道関連複合施設、排水処理施設、廃棄物処理、熱供給といった分野が含まれる。

同紙によると、入札で外資の応札者は中国国有企業と同等に扱われ、内部収益率(IRR)は8%になると見込まれるという。



中国は景気減速に直面する中、外国からの投資を呼び込む姿勢を強めている。