IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
891

kik***** 様子見 7月3日 11:43

最近のクリヤマホールディングスの株価、完全な「ボックス相場」ですね。

株価を動かすような話題・材料が、何もないので、当然の結果なのですが…。

このまま、2021年8月6日(金)に予定されている「第2四半期決算発表(中間決算発表)」まで、大きな動きは、ないだろうし、5月12日に発表された第1四半期決算で、経常利益が対前期比で23%増益、対会社予想進捗率:47.7%だったので、現在の株価は、既に、「ある程度の業績上振れ」を織り込み済みだろうから、中間決算発表で、大きく株価が動くことも、ないだろうなぁっと、個人的には、思っています。

私の唯一の心配は、「石橋を叩いても渡らない。」と言っても過言でない位、慎重なクリヤマホールディングスが、中間決算発表では、「業績見通しを修正しない。」という選択をした時、市場がどういう反応をするのかということ(その「慎重なところ」を、私は、評価してますけどね(笑))。

「業績見通しを修正しない。」とした時、誰もが納得できる合理的な理由があるのなら、いいのですが、前年のように、「経済の先行きが不透明だから。」という理由だと、今年は、市場の同意を得るのは、難しいだろうと感じています(今年になって、既に決算発表をしている企業は、概ね、業績見通しの上方修正を発表しているので…)。

長期保有している株主の一人として、この時期に、敢えて一言言わせていただきます。

慎重さも「ほどほど」が大切。行き過ぎると、悪印象につながますよ。業績見通し発表時に、アナリストからも、同じような指摘されてましたよね(「保守的だ。」と言われた事、覚えてますか?)。

そろそろ、会社としても、中間決算発表時に、業績見通しをどうするか検討していると思いますので、その点も、十分考慮してくださいね。お願いしますよ、クリヤマホールディングス!