IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>450

    /////機関は両建てでしょ。/////

    正確に言えば違うのでは?

    恐らく、空売り機関が反対の現物株もしくは信用買株を所有していても、極一部だけと思われる。少なくとも、全部フルにはカバーはしていないはず。

    以下の理由による。(誤りがあればご指摘願いたい。また、異論反論等があればコメント歓迎です。勉強させていただきます。)

    (1)最近の株探の大株主情報によれば、最近の大株主として上位10番の新顔は、SBI証券の約39万6千株。大手の空売り機関は、その一桁多く、ほとんどが100万株以上です。現物でカバーしているのであれば、このSBIの上に示されるはずですが、ありません。
    (2)信用の株を買っている可能性もあるが、信用は、最新の日々公表信用残(2020-06-29付)での公表 信用残は約996万株。一方、最新の日証協(2020-10-16付)の公表 貸借残数は約1720万株 信用買い自体が貸借残の約2分の一
    なので、信用買いでのカバーも考え難い。
    (3)米国市場では、今年は多くの欧米の金融機関が空売りで失敗をして大損失を出しているところが多いと聞く。空売り機関は、その名の如く、純カラをしてるから空売りというのですが、空売りの投機に失敗をして大損をしている。同じように、レカムの空売り機関は、外資主体の空売り機関なので、米国と同じ手法をしているはずであり、現物で空売りを全てカバーしていると考えるのは無理がある。