IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

子株の行使が少なくてもその後の親株が高騰すれば会社としては何も問題ないのでは?
その場合、行使が少ない方が株価は騰がり易いのではないでしょうか?