ここから本文です

コーセーREが18年1月期業績予想を上方修正、資産運用型マンション販売が想定上回る

 コーセーアールイー<3246.T>がこの日の取引終了後、18年1月期の連結業績予想について、売上高を118億2500万円から130億2700万円(前期比27.2%増)へ、営業利益を14億3000万円から16億9400万円(同53.4%増)へ、純利益を8億1300万円から10億1500万円(同49.9%増)へ上方修正した。

 資産運用型マンション販売事業で完成物件の追加仕入を行うとともに、中古物件の仕入・販売を強化し期中の引き渡し戸数が想定より増加する見込みとなったことが要因としている。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(2~7月)決算は、売上高83億3200万円(前年同期比2.1倍)、営業利益13億9500万円(同4.9倍)、純利益8億3300万円(同6.0倍)だった。