ここから本文です

>>515

強靭化計画策定の資料9ページにははっきりと配向性工30%以上と書いてるからね。

去年は11月9日に上方修正と増配発表してるんだよね。
でも去年は配当性向30%に達していない。
なんで今年になって30%にこだわるのかがわからない。
次から絶対それを厳守しなければ、8月末の増配発表は会社のはめ込みといわれても当然。

今年1月の決算発表でも配当性向30%の文字はないし、その時の利益予想と配当予想も30%を反映していなかった。

だけど株主は特にそのことを問題視してなかった。ところが8月29日の96円配当の時に突如その文字が出てきた。
「計画に則り」とかね。そして3週間後の減配だ。

どう考えてもインサイダー案件を抱えているというIRの言葉はうそっぽい。
でもそれを理由にした以上全株主は総会で常にそのことの確認をしなければならない。
でないと社長はうそつきだということになるからね。

「株主に優しい」ライツやるつもりだったのに、増配するなんて鬼畜だよ。
株主のことなんて考えてないよ。
別にライツやらなくても2000円越えから希薄分はもう下げてるんじゃないの?