ここから本文です

こういう下落局面で重要なのは、今売っているのは「売り方」なのか「買い方」なのかということです。
指標的に割安で、成長力と材料がある限り、この銘柄の長期的な売り方は皆無なのではないかと思います。
安く「買う」ために売っていると考えるのが自然です。