ここから本文です

>>124

1月21日に出た親会社の異動に関するお知らせ はスルーしてしまったが調べてみると大切なお知らせであった。

特定複合観光施設区域整備法第〇条七項によると
認定設置運営事業者は、免許を受けようとするときは
申請者の主要株主等基準値以上の数の議決権等の保有者(申請者が持株会社の子会社であるときは、当該持株会社の主要株主等基準値以上の数の議決権等の保有者を含む。)の氏名又は名称及び住所並びに当該主要株主等基準値以上の数の議決権等の保有者が法人等であるときは、その代表者又は管理人の氏名並びに役員の氏名又は名称及び住所を記載した申請書をカジノ管理委員会に提出しなければならない。
とある。

なので会社はIRを意識してお知らせを出している。マリーナシティーが売られる心配はしなくてもいいと思える。