ここから本文です

僅かの株数ですが、まだホルダーなので偶にカキコします。
先週末の信用残を見ると、あまり減ってないようですね。と言っても絶対額が知れていますから大勢に影響はなさそうですが、果たして、所謂空売り屋がこれを狙いますかね。機関ではなく、他の得体の知れない大口さんかもしれません。たとえば、投資顧問とか株屋とか。そうであれば、あれだけ売り叩かれていながら機関の空売り残高報告書に載ってこない事も頷けます。
そして注目すべきは、信用買い残はトータルでマイナス98500株ですが、制度信用はマイナス114600株。ということは、一般信用買いは逆に16100株増ということになります。つまり、目くらましかもしれませんが安く買っている向きもありそうですね。
この下げが機関の空売りでないとすれば、その目的は安く買い集めることでしょうが、これが将来の暴騰に繋がるとは限らないと思いますので、あまり期待はしない方がよろしいかと。いろいろな可能性がありますので。