ここから本文です

トルコリラが暴落して、トルコの通貨を買うのは日本人くらい。
他の外国人はトルコの不動産を買っている。
来るべき日本沈没のとき、円安が進んだときに買われるのは、日本の不動産。
恐らく中華系の資金がどっと日本の不動産を買い占めるだろう。
好き嫌いは関係なくそうなる。
三菱地所はじめ日本の不動産会社の株も外人にとっては格好の投資先になるだろうね。
東南海地震や首都圏直下地震など大暴落があったら、そんなイメージを持っている。