ここから本文です

今後の株価推移は、再度1,000円チャレンジを合言葉に
徐々に切り上げてゆくでしょう。
日本人の高齢化により、サプリメント・健康志向商品の
販売実績は伸び続ける傾向にあります。

真面目にコツコツと業績を伸ばす経営陣には
「時代に合った商品の投入」を期待しています。