IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>417

    今現在の状況では、ライザップGから売却されたら一時的に上がると考えます。

    ですが、ライザップGから離れたら「ほぼ確実に」優待はなくなるか、変更されるでしょう。
    したがって、中期的(1~2年)にはイデアの業績にあった株価に落ち着きます。
    優待株はすべからく、優待マジックが効いていることを無視しないほうが良いです。
    現在のPERは44.1倍なので、将来の成長性を加味しても現状より下がる公算が高いです。


    なお、ライザップGから離れた場合に優待がなくなる(または変更)と考える理由ですが、
    ライザップGの他企業からの優待利用がなくなることから、
    優待収入が消えて純粋に優待コストだけになってかなり負荷が高くなるためです。

    また、ライザップGから優待継続をお願いされているところ、
    それがなくなれば現状の優待を続ける理由はなくなるでしょう。

    もし、ライザップGから離れた場合に優待が残るとしたら、割引券または利用限度条件ありの商品券になると思った方が良いです。
    この優待がこの会社が単体で会計する場合に最も効果的な優待だと考えます。
    客数は増えますし、配送コストがなくなります。



    この見解をもって、ライザップGから離れたほうが良いと考える方は、ぜひ、その意見を貫いてください。
    私はライザップGにいる間は一定量の保有は確定しますが、離れたら売却する可能性が高いです。