ここから本文です

ここが増資を引き受けた株は一度は噴くが、その後は低迷するのが既定路線となっています。
一応純投資と割り切っているのなら、その噴いた時点で売り切ってしまえば十分ではないでしょうか?
逆に持ち続けていても資金がダブつくだけでoak自身の利益にならず、oakの株主にも利益を与えられないことになります。
資金難で困っていた企業も最悪の事態は脱出できるわけですから、それほど悪いことではないと思います。
もちろん、株価が低迷した時にもアドバイスをしていけたらもっと良いとは思いますが、そこは別のコンサル会社の出番であったり、困窮した企業自身の問題だと考えています。
oak一応は、第1四半期で前期比10倍の利益を上げているわけで、いずれは株価も反応してくると思います。
ここっていつも反応が異様に遅いことが多いので、もうしばらく辛抱してもいいのではないかと思っています。
あまりに自分の理念・信条と違うのであれば、買わない方がいいかと思います。
私の場合は東電と消費者金融、及びそれを子会社化している銀行の株だけは買わないようにしています。
全ては自由だと思います。
ただ、私はここを長く持とうとは思っていないことも確かです。