ここから本文です

始値956、下げて939窓埋め、小康、958へ戻し、疑似十字線の一日。
分足で振りかえってもよく掴めない一日。
寄付き36千株と少な目、前場分足は10千株以内でじり下げ、10:46窓埋め938は4千株にすぎず、11:21に939から943まで打ち返したのも3.6千株。
後場寄り12.6千株で946-949と戻した後も小口で戻し、後場の20千株4本はすべて957が2本、958、959の一本値で、大引けクロス118千株は少な目、958の1本値。
やはり、売り下がり仕掛けではなく、かなりの量の利食い売りを小口分けして慎重にやったとみるべきか。
後場の上げも小口で価格を戻しては4本の20千株で利食い売りかな。
ともかく、この様子だとファンドは、まだ利食いしたい玉を残している気がするが、、、、上記一応の推定はしてみたが、あまり自信はない。