ここから本文です

>>4043

リユースセグメントは、シュッピンとコメ兵に吸い取られちゃってますね。
かくいう自分も、だいぶ利確しちゃったのですが。

しかし、今日の最後の垂直上げはなんだったのでしょうかw
もう少し下がってから買い増そうと思ったのに!

さて、

> 1、衣料が売り上げの半分以上を超えてる。
> POSシステムが機能するのは家電などで、衣料はものすごく好みで
> 買われるものなので「ジーパンがよくうれる、じゃジーパンを
> たくさん仕入れよう」にはならないので、POSの優位性がだいぶ減ります。

…POSシステムが寄与しているのは、販売ではなく「買取」の方だと思います。
おっしゃるように1点モノが多いですから、適正価格での査定が至難の業なのです。
アパレルに熟練したスタッフも早々育つもんでもありませんから。

ゆえに、トレファクのPOSシステム…たぶん、ドンピシャでは同一アイテムの
データが出てこないにしても、予測変換として類似アイテムの過去実績が
提示され、ヤフオクやamazonの相場情報も同時に提示されるのではないかと
思われます。

ちなみに、販売は楽ですね。購買阻害要因の最たるものである「価格」が
ハードルではないですので。1品モノなんかすぐ売れますよー。
最近のお客様の目は肥えてますわ。逆に1品モノが買えないので、
リユース業は難しいのですw

「あの店は、自分の持っている大切なアイテムの価値を分かってくれる
 確かな査定眼を持ったスタッフのいる、良いリユースショップだ」

と思われるのが第一ハードルなんです。


> 創業当初は家電や家具が中心でPOSが機能しましたが、

トレファクは家電、家具は仕入れ比率が高いので、販売POSの
得意とするところですね。時期によっての陳列数など、
相当データドリブンな運用をしていますよ。


> 2、競争激化。
> 先日のWBSで、ゲオが衣料のリユース店を渋谷に出しましたが、
> 知名度の高いゲオが本格的に参入したことで競争は激しくなりますね。

ジャンブルストアのことですね。
ゲオが2010年に完全子会社したセカンドストリートのアパレル特化型店舗
ですね。数年前から全国展開されていますよ。既に競争は激化しています。

そんな中でもジャンブルストアの店舗の作り込み、商品レベルは、
素晴らしいですね。自社ブランドも立ち上げていますし、
強力なライバルでしょう。


> また、大手家電が下取りした洗濯機を、自社工場で洗浄してるようで、
> ブランド力を含め、もらったものそのまま売るトレファクとの
> 優位性は一目瞭然です。

買い取った冷蔵庫・洗濯機などをそのまま売るリユースショップは、
中規模以上クラスの店舗の場合はありませんよ。洗浄して、メンテナンスは
していますよ。そのクラス間では、商品化された際の商品力の差はさほどないかと。


> 3、進出余地。
> 関東関西行きました。後は、名古屋はコメ兵、福岡はハードオフの地盤で、
> 今後の展開スピードは遅くなるでしょう。

まず、コメ兵とは業態が異なりますので、客層は別です。
名古屋ならば買取王国でしょうね。正確に言うと、それでも違うのですが。
ハードオフとのレベルの違いは、過去に「hourai399さん」が丁寧に説明されています。

つまり、リユース業において、地盤が固められたエリアなどは、
北海道を除きありませんよ。また、商圏も意外と狭いので、
出店余地は大いにあります。仕入れ比率の高いトレファクなら尚更です。


> PER20倍前半はかなり割高だと思います。
> 年15%成長する小型銘柄で、PER10倍台はいくらでもありますから。

これには同意ですw
リユース関連銘柄は秋以降、少し上げすぎましたよね。