ここから本文です

>>74

FC契約は、通常短くても5年程度の契約がほとんどです(マクドナルドやコンビニなどは10年契約です)。
契約満了前の契約解除には違約金が発生します。
長期的には、(FC先が儲かろうと儲かるまいと入ってくる)ロイヤリティとFC用金額をオンした食材代等が入ってこなくなりますが、違約金が入ってきます。
大体の場合、残存契約期間に1ヶ月分の売り上げを掛けたものとかに設定する場合が多いと思います。

また、新店舗を作る時に指定業者等があり、そちらでも利益を出せています。
つまり、FCはザーとしては出店した時点である程度の利益を出せているので、FC契約解除は、ブランドイメージの低下やその後のFC募集に影響が出るくらいで、財務的には大きな影響はありませんよ。

幸楽苑側としても、仮にFC契約をやめるとしても、そもそも既存の店舗をいきステに変えているだけですから、通常のオーナーさんが辞める場合と比べても、通常のスクラップ&ビルドの流れで、大きなダメージとはならないと思います。

結局、一番悲惨なのは社員からの独立組などのほぼ個人からのイキステオーナーさんでしょうね。
とりあえず、1年ちょいはやっていけると思いますが、消費税課税事業者になり消費税の支払いが発生した時点で廃業もしくは自己破産する方々が出てくるかも知れません。