ここから本文です

2017年と2018年を合計して、より多く稼いでる方が上、
そう考えるのが普通だと思います。
もっと言えば、生涯トータル。

別に、一年一年区別して考える意味もないし。
もちろん、タネ銭はそれぞれ違うので、
金額というよりパフォーマンスでしょうか。

別に、方法はもなんでも良くて、
株式から不動産や事業に資金をシフトして、
今はそっちで増やしているとしても。