ここから本文です

ADRとは?
American Depositary Receiptの略で、米国預託証書という。
米国人が外国株式への投資を容易にすることを目的に、外国で発行されている株式をアメリカドル建てで売買できるようにしたものです。日本でも数多くの優良企業がこのADRの制度を使って米国市場に上場しています。
日本の株価は、ADR株価に近い値で寄り付く事が多く、特に決算発表後などはADR株価の動向を見る事で決算に対する評価が分かりますので非常に参考になります。
日本株ADRをもう少し詳しく
主要取引所(ニューヨーク(NYSE)証券取引所、ナスダック(NASDAQ)証券取引所)であるMain Boardに上場している日本企業は現在16社です。そのほかOTC(店頭取引)銘柄は約250社となっており、これらの日本株を海外の投資家がMain Boardを通して活発に取引しています。それが日本株ADRです。