IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

「いきなり!ステーキ」のキッチンカーが登場 最後の切り札か、食べてみた
週刊新潮 2021年2月27日
 
いきなり!ステーキは、このたび、キッチンカー(移動販売車)での販売をスタートさせた。その第一弾として、2月20日と21日に行われたのが、東京・墨田区太平のオリナスタワーでの出店。流通アナリストの渡辺広明氏とフードライターの適掃夫氏が現地を訪れ、「いきなり!」の新業態について語り合った。

 「いきなり!」を運営するペッパーフードサービスは、昨年、不採算店舗114店を閉店。コロナ禍による休業や営業時間短縮の影響で、20年12月期の純損益は39億円と3年連続の赤字を計上した。「ステーキキッチンカー」は復活の切り札となるのか――。

適掃夫(以下掃夫):(隣接する)錦糸公園のほうが人でにぎわっているのに、何でわざわざビルの車寄せでキッチンカーを始めたんですかね?

渡辺広明(以下渡辺):キッチンカーは道路占用には該当しないけれど、警察から道路使用許可をもらうのは結構大変です。公園の中についても区の判断になるから、とりあえず試してみるために、ペッパーフードサービスの本社が入居しているオリナスタワー敷地内のほうが好都合だったんだと思います。

掃夫:なるほど。コロナ禍でキッチンカーに活路を見出す飲食店が増えているそうですが、どこでもすぐに出せるというわけじゃないんですね。軽自動車をキッチンカーに改造する整備費用は約300万円だそうですが、「いきなり!キッチンカー」はトラックだからもっと掛かっていると思います。

渡辺:はい。とりあえず目玉の「いきなり!サーロインステーキ重」(1080円)、「いきなり!サーロインステーキ串」(790円)を注文してみましょう。

掃夫:キッチンカーの車高が高いから肉を焼いているところがまったく見えないのはちょっと残念ですね。

渡辺:そうだね。肉を焼いているライブ感が足りないかも。ただ個人的には「肉マイレージ(※いきなり!のポイントサービス)」が使えないほうが残念です。

掃夫:渡辺さんがそんなにファンだったとは。

渡辺:あと電子決済も「今日は使えません」って……。

掃夫:キッチンカーの前に会議室みたいなテーブルが2つ置いてあるので、そこで食べましょう。椅子も会議室から持ってきた感がすごい(笑



3053ペッパーフードサービス

3053 - (株)ペッパーフードサービス 「いきなり!ステーキ」のキッチンカーが登場 最後の切り札か、食べてみた 週刊新潮 2021年2月27