ここから本文です

>>907

神戸物産は、安かろう悪かろではなく、多かろう安かろう。どこに目をつけて生きてんだ? 
貧乏人は忙しく、毎日コンビニで割高なものを買って更に貧乏になる。貧乏暇なしとはよく言ったものだ。生き残る人間とは、まとめ買いできる経済的時間的余裕のある人。富裕層はコンビニなんか余程の事がない限り行かない。
コンビニの敵だから、テレビなどのマスコミはコンビニに気を使って余り良いことを言わないが、それでもじんわり口コミで浸透している。日本の消費者はばかばかりでない。