ここから本文です

もっと良いものかと予想していたので、ちょっとつらい。売上に対して営業利益が低い。過去の傾向からすれば、倍くらいの金額があってもいいと思うが。
ましてや、土地建物の買取で仙台名取や三本木・矢本の賃料は無しになっているのに。
あと、利息の支払いが大きくて経常損失が出るのは、親会社が借金を付け替えて、利息無しにできないものだろうか。それくらはしても良いと思うが。
でも、箸にも棒にもかからないという感じではない。2017年以降では一番マシな1Qの出だしだ。

▼2019 1Q
ホテル売上   1400百万円
ホテル営業利益 76百万円
不動産売上   23百万円
不動産営業利益 4百万円
間接部門    -68百万円

▼2018 4Q
ホテル売上   1232百万円
ホテル営業利益 -167百万円
不動産売上   12百万円
不動産営業利益 -1百万円
間接部門    -87百万円

▼2018 3Q
ホテル売上   1150百万円
ホテル営業利益 -38百万円
不動産売上   30百万円
不動産営業利益 13百万円
間接部門    -71百万円

▼2018 2Q
ホテル売上   1369百万円
ホテル営業利益 132百万円
不動産売上   29百万円
不動産営業利益 9百万円
間接部門    -90百万円

▼2018 1Q
ホテル売上   1217百万円
ホテル営業利益 25百万円
不動産売上   31百万円
不動産営業利益 1百万円
間接部門    -74百万円