ここから本文です

通常、ホテルの家賃は売上の10%程度が目安だが、バリューは異常に高い家賃を支払わされてきた。

例えば、古川三本木で月に3800万円の家賃だった。年間4.5億になる。バリューグループ全体で年間18億程度の売上なので、たぶん古川三本木は、家賃が売上の100%を上回ってたと思う。
たぶん、開業当時に高稼働・高単価を前提に、家賃を固定金額で契約していたのだろう。

バリュー関連で、家賃が売上を逆転している状況が、土地建物買い取りと、倒産寸前の背水の陣の交渉で改善されていれば、来期の営業利益は大幅に改善されている可能性があると思う。