ここから本文です

>>990

減収減益予想が一転、増収増益が濃厚となればサプライズでしょう。

今の段階では減収減益見通しにしか出せない慎重姿勢は仕方がないと思います。

しかし、アメリカ経済は好調だし、日本経済もそれに引っ張られ、2020年の東京五輪に向けて景気回復は続くため、企業業績は堅調に推移していくでしょう。

神栄には追い風が吹いてます。堅調に推移してる食品事業に加え、春から始まった宅配ロッカーによる物流改革の風、国策にもある宇宙開発事業、中国向けのセンサー需要

第一四半期決算、中間決算で好調ぶりが確認されることでしょう。