ここから本文です

>>944

直近の2019年12月期1Qは大幅な減収減益でした。株価下落の原因を特定するのは難しいですが、最大の原因はこの減収減益ではないかと思います。

不動産会社は物件売買の有無によって収益が大きく変動しますから、私個人的には通年の収益で判断するのが良いと思いますが、短期売買をする投資家にとっては短期的な収益変動がその心理に大きく影響するのではないかと思います。

1Qの大幅減収減益の主因は不動産売上げの減少ですが、今期は2Q以降に不動産の売上げと売却益が集中するということなので、通年での10%超の増益予想はおそらく達成可能と思われます。

ですから、2Q以降の不動産売却収益の計上で順調に業績が進捗していることが分かれば、株価はある程度戻すのではないかと予想して、私個人的には気長に構えています。