IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

少し落ち着いて投稿します。以下は記事抜粋。

ANAによると、現在のSAFの生産規模は流通するジェット燃料全体の0.02%程度に過ぎないといい、航空会社側は安定的にSAFを確保するのが課題だ。ANAは、LanzaTechのSAFを2022年初頭から使用する予定で、オランダのロッテルダムから輸入しているNESTEのSAFは、同社のシンガポール製油所で生産されるものに2023年以降切り替え、アジア域内での安定供給を目指す。

①仮に各国にSAF混合比率の義務付けが2%だった場合、今(2020年)の生産規模の100倍が必要
②ANAはロッテルダムから輸入していると記事にあるが、正確には1度試しに輸入したNESTE社のSAFは、より日本に近い生産地であるシンガポール生産のものに切り替え、アジア域内で使用するつもり
③必要量の100分の1しか生産されていないSAFは需要が超超過している状況にあり、生産地周辺で取り合いになることが予想される
④ANAは、調達先のひとつとして最大手のNESTE社と契約しているが、より多くの量、より消費地(空港)に近いものを必要としている

などが見てとれます。