IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

カーボンフリー水素で全方位外交

三菱重工業は6月14日、水素技術に関するバーチャル工場見学会を報道陣やアナリスト向けに開いた。三菱重工はこれまでの化石資源を前提とした事業構造の大幅な見直しを迫られている。石炭火力発電設備など既存事業の落ち込みをカバーするために2030年度までに売上高で1兆円規模の新事業創出を目指しており、このうち脱炭素関連が約3割の3000億円を占める。なかでもカーボンフリー燃料の水素を使った発電設備が脱炭素ビジネスのけん引役となる。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00155/061600023/?n_cid=nbpnb_mled_mpu