ここから本文です

>>33

[上場ゴール危惧]

事業がユニークなので人気化する可能性がある。
大半がロックアップ対象とは言え、
VCが半数以上持っているので需給が悪い。
価格が1.5倍以上でロックアップは解除される。

更にストックオプション行使価格が、
17円(情報サイトのミス?)と異常に低いのがある。

2,550円以上にVCの強い売り圧力があると思われる。
公募割れなら短期トレードも可能だが、
釣り上げられると思うから早期参戦はリスク大。

人気化と釣り上げで初値は可也高くなると思う。
その後上がるが、VC等既存株主の売りで暴落。
セカンダリーの、既存株主への利益供与でジ・エンド?

ロックアップ解除は最長のが6ヶ月。
欲しいならVCの売り圧力が無くなるまで待つのが賢明。
だがVCが売り切ると、浮動株ジャブジャブになる。
長期保有の法人が大株主になれば需給が改善されるが。

上場後に下方修正や赤転するIPOが多いので、
投資は決算を見てから判断した方が良いと思う。

 ∧ ∧
ミ・。・彡 . 。 o ○ワテは高みの見物ニャ!
〜uuノ

レポートby実況ネコ@野良ネコなんちゃって証券調査部
みどりちゃんはどうしているんだろう?

  • >>34

    猫さんレポありがとなの。
    猫さんは連続投稿できるのね。上のほうでヤフーの「重要説明」で「一部の人でエラー」とあるけど、
    一体基準は何なのかしら?JYO爺様も連続投稿は出来てないようなの。

    ミドリムシは「地球を救う」のは大げさではなくて、
    逆に言うと地球を救うにはこれしかない唯一の方法なの。
    簡単に言うとC(炭素)の循環系を整えることで地球の永久機関が出来るの。

    ただこれは理想であって、そこまで現実に行くかというと、猫さんのレポートもそのとおりなの。

    現状は健康食品の製造販売、この観点で見ると割高と見るのが妥当なの。
    (この時点で黒字なのはすごいけど)
    ミドリムシクッキーは食べてみたけど、味は良くも悪くも普通なの。
    「ミドリムシ味で食べにくい」癖は全然なくて食べやすいけど、
    「ミドリムシならではの絶品の味」は全くなくて、食品としてみると値段が高いだけなの。
    健康食品としてみると、これは相場はあってないようなもの、健康機能は他と比べるとどうなのかしら?
    一応ミドリムシの特徴を見ると、植物と動物の両方の特徴を兼ね備えた生物だけど、
    食品としてみた場合は「植物の本来の栄養素を持っていて、細胞壁がないので動物のように全栄養を吸収できる」ことなの。
    健康サプリメントというよりは、量産化したときの効率の良い栄養素と考えた方がよいかもしれないの。

    CO2の吸収は、単純に「一企業が行っても対価を得られない」活動だから収益に結びつきにくいのはご指摘のとおりなの。
    ただし、「人類としてやらなければいけない重要なこと」が出来るわけだから、
    そこにいろんな対価が入ってくる可能性が期待できる、それが超化け要因なの。
    現に各種研究補助金は貰っているようなの。
    世の中の役に立つことをまずやって、そこから収益性(マネタイズ)を後から考える、
    そういう意味ではグーグルと同じなの。
    バイオ燃料については超低コスト化された時の最終形ね。
    化石燃料を燃やして「溜めてあったCを消費してCO2を作り」、それをミドリムシが光合成で酸素にする、
    これでCO2が増える問題は解決だけど、いずれ地球に溜まっていた化石燃料(C)が底をついたらどうするか、
    それは光合成の過程でミドリムシの体自体にCが蓄積されているから、
    それを燃料としてサイクルを作ることで循環の永久機関が出来て、
    要は人類がエネルギーを使い放題になるということなの。

    これだけ壮大な夢がつまっているから、VCもみんな興味持って投資するの。
    VCが興味を持って投資した企業、これは企業・事業・経営者を見て有望だから投資するものなの。
    VCがいっぱい入っている企業は本当は超化け期待度は高いの。

    と、ここまで超長期で壮大な夢を書いたけど、
    逆に言うと注目している人も指揮者も投資家(VC)も、こういった面を踏まえての期待だから、
    短期〜中期での話、現実的な話になると猫さんのレポートは現実味を帯びるの。
    食品事業以外は収益に結びつくのはず〜〜〜っと後になるし、
    新規参入は、言うほど簡単ではないけど、逆にこれだけの大事業だけに超大手(多分米国系)が本気で入ってくることもありえるの。

    VCがいっぱい投資しているから有望、というのは本質的な企業の実力の話で、
    短期的な値動きで言うと、売り圧力→浮動株増のコンボで苦しくなるのは確かなの。
    さらに言うと、こういう事業・会社の場合、経営陣の関心ごと・夢・使命は、
    この「全人類のための素晴らしい事業を成功させること」であって、株主の短期的な利益ではないの。
    だから仮に「株主は事業の財布」的な経営判断をされても文句は言えないの。

    ということで、IPOの話題性・ボラリティを利用した短期投資には向かないし、
    短期的には猫さんの言うような判断が妥当なの。

    その上で、この夢に、どれだけ投資できるか、ということなの。
    最終的に成功した時のリターンは本当にすごくなるの。