ここから本文です

去年の4月に最高値1105円をつけて、年末に315円の安値をつけるまでの8.5か月は地獄の日々でした。でもこれは相場の格言「半値八掛け二割引」を地で行ったもの。
昔からこんなもんだと相場師は言ってるわけですね。半値戻しは710円あたりか。

この長い長いトンネルを、やっと抜けたとはいうものの、これだけ長期間揉まれて、そのシコリはすさまじく、一朝一夕に猛反発とはいくはずもない。

でもね、抜けたトンネルの先に、もうトンネルはない。それが今。長い調整の果てにいつしか割高感も薄れ、業績は前期目標未達も今期も順調。見直し買いが入って当然。500円台まではね。ここからは、外部環境や上方修正IRに掛かってる。

500円割ったの割らないの、このたった1年そこそこの間の戯れみたいなもので、二年三年後には忘れ去られる出来事ですよ。それが株、それが相場観。
         だから中長期「頑張れ!北達!」