IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ファーマフーズ2929
新癌治療薬 何が全く新しいのか
なぜオプジーボよりも強みがあると指摘されているのか
顕彰しておきます。

オプジーボやキイトルーダといった既存の免疫チェックポイント阻害剤は、免疫細胞の触手(PD-1)と、癌細胞が持つ触手(PD-L1)の触手が握手してしまう事で癌が免疫から攻撃されなくなってしまう点に注目。この癌細胞が出す握手しようとする手をブロックするのが主な働き。ただ”あの薬”にみられますように弊害の件や効く人の割合というのは患者全体の3割等々が問題となっています。
一方、特に海外からの評価が非常に高まっております、ファーマフーズが開発している【抗FSTL-1】はガン細胞によって人間体内のありとあらゆる免疫システム(細胞)の根幹である【幹細胞を弱体化させられてしまうという厄介な性質をブロックできる】といった、全く新しい抗がんアプローチ、新抗体医薬品です。転移防御にも強みで癌細胞が造り出してしまう”FSTL-1”は自身にも作用し始め、より転移しやすいガン細胞へと徐々に変化する性質であるが、ファーマフーズが国内外製薬へMTA中で実証積み重ね中であります【抗FSTL-1】は上記作用でアプローチできることにより、転移防御にも優れているという実証結果。現在、対策治療薬がなく死亡率が非常に高い特定ガンで効果データ確認が取れており、集中的に客観的実績を積み上げています。(全身癌を含めこれを重点的にターゲット) 現在、さらなるデータを積み重ねていっている場面であり、はっきりといってしまえば価格を妥協さえすればいつでも導出が可能でありそうなお話ニュアンス、しかし治療として目指せるレベルはとても高い新薬である自負であるが故に、最良のタイミングと理想的な導出価格を弾き出せるよう、腫瘍アプローチ実証データ件数を積み上げている最中です。

現在発売済みの免疫チェックポイント阻害剤らがT細胞の免疫抑制を阻害するのに対し、ファーマフーズの新薬は、「樹状細胞などT細胞以外の免疫抑制性細胞群の免疫”抑制”も同時に”妨げる”」というのはここから由来してるようですね。がん新治療法の事業化によるロイヤリティ収入など将来的な大きな業績寄与に期待がかかっています。公式見解から観まして、導出が決まると一時金のほか必ずやマイルストーンも収入も絡んでくることでしょう~ さてその時の株価気配は・・

妄想ではありません。凛と構えて観ておきましょう

2929 - (株)ファーマフーズ ファーマフーズ2929 新癌治療薬 何が全く新しいのか なぜオプジーボよりも強みがあると指摘されてい