ここから本文です

たまごさん、こんばんわ難しい質問ですね。

鶴岡市に慶応義塾関連でスパイバーと言う非上場企業で、繊維を研究開発しています。

このベンチャー企業の開発研究しています繊維が市場に出れば、繊維に業界が一変すると言われていて

開発研究段階は終了で、量産体制へ移行中、このベンチャー企業に対して地元銀行がある程度の額を

将来成長を買って先行投資中で1200Mより額が上と記憶しています。

結論は弁済出来ない企業に銀行は融資はしないことです。

現状で、ファマフーズは1200Mの返済財源があるから、京都銀行は融資に踏み切ったと思いますね?

当たり前の解答で申し訳ありません。