IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

俺の場合、大金を投じられる株は、今はこうだけれども、こうなって、こうなって、こうなれば、「うわっ!、すごいじゃん」っていうストーリーがハッキリと描ける株。

あと、確実に半年~1年前後で業績の騰がる株。

あと、「会社を大きくして行こう」という経営者の意図が感じられる株。そうゆう会社は何となくわかるもんである。単年度毎の業績を気にするようなケツの穴の小さい経営者では大きく会社は伸びない。

株価というか時価総額は、「業務展開への期待感」というものが大きな比重を占めると思うんだけれども、やっぱり「EPSの伸び率」とか現実に目でみえないとダメなんだろうか…。

ファンド等の機関は、そうゆうところ(現実主義)があると思う。なのでファンドが組入れする前が仕込み時であると思う。今の株価、どう見ても安い。

あとチャートの山毎の底値を見ると、「ガチホのホルダーが多くなっていってんやろな」と容易に想像がつく。

これに、ファンドが組入れしだすと3000円台の株価は遥か下の方になってしまう。売る気のない時の株価なんてなんの興味もないが(ウソだよ~ん♪)、不安より期待感の方が大きいのが、ファーマフーズ。