IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今年の2月から4月まで500円超の上昇を見せた相場がここから再現されることに期待し、またしこりは剥がれたと見られることからもここからの戻りは軽いものになるのではないかと考える。
まずは上値のターゲットである4月6日の高値891円更新が視野に入ってくる。
更に超優良銀行の京都銀行からの約14億の無担保、無保証の借り入れも以前大きな期待や思惑を呼んだこともあるが、今後以前より囁かれ続けた製薬会社とはがん治療薬軸に創薬提携交渉具体化へと記載されているように癌の治療薬のライセンスアウトの進展などが見えてくれば大台乗せ4ケタへの大化けも十分視野に入る。