IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

高付加価値・高価格帯商品の販売強化により、
顧客数は減ったが(もちろん売上高も減少)
顧客単価は向上し、売上総利益率が改善傾向である。
企業側の施策は間違っていないし、
これなら長期投資に値する企業に変身中だと思う。
篠崎屋程度の企業規模だと、将来
売上高は追わず、利益率にこだわらないと
生き残れない事は、間違いない。
頑張れ。