IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
754

iz10191 様子見 4月20日 21:48

ココほど人口動態の推移を上手く利用して儲けてる会社は無いと思う。

日本の人口は2030年代までは80年代の人口を維持していてメディアが騒ぐほどは減らない、
一方、高齢化は確実に進み、中小企業が大部分の漬物業界は後継者が無く廃業が続く。

人口が横ばいで同業者が廃業するんだから自動的にシェアを得られる。
しかも、ココにとってオイシイ案件だったら買収を持ちかけてもいい。
上場企業だから資金調達も楽。

じゃ、10年後はどうすればいいか?
多分、亡くなった先代の社長の言葉通り東~東南アジア目指すと思う。
アジアの人口動態見ると出生率が2を切っている所が多い。
という事はやがては人口減少に転ずるが、その前に少子高齢化する。

少子高齢化した社会はココの土俵みたいなもんなので、
既にアジア圏のインフラと化した日系の流通を通して伸びていくはず。

アジアは食に関しては屋台文化だけれど、既に自宅で食べる日本ぽい文化に相当変わってきてる。
”キムチや浅漬けを食材として使ってください”という提案が浸透したら惣菜を直接売るよりかなり強い。


中小型株のフワフワ守護天使ファンダ乙女より♪♪